コミック I Say A Little Prayer: yuzu

2009年01月14日

中学生・・・。

昨夜・・・衝撃的なニュースが列島を駆け巡ってたのですね・・・。
って、大げさな(笑)いやいや、じゅうぶんショックなんですけどね。


中学生もベンチ入りへ。(スポーツナビ)



新生全日本発表までひやひやさせられることは無いかと思ってたら。


ちょうどお昼休みの終わりかけに携帯で見て知ったのですが、
それとほぼ同時にお友達から「何がやりたいの?」ってタイトルのメール。

え?あたし、なんかやらかしちまいましたか?!と
本文読む前にビビってしまいましたよ。

メールはこの植田さんの「中学生入れたい」のニュースに関するものでした。


もうね、ほんと何考えてんだか。



キューバ相手にサーブを打たせてみたい?はぁ?
なぜにキューバ?キューバにも14歳の選手が居たからですか?

てかさぁ、よその国に10代で通用する選手がいるからって、
じゃあ日本も!ではなくて、どうせ真似っこならまずは諸外国に習って
ジュニア世代から選手を大切に育ててるシステムを真似るべきなんじゃないっすか。



打たせてみたい程度なら練習試合ででも実現させればいいんじゃね?と思うんですけどね。

ジュニアも結構ですけど、大学生や高校生からご自分の目で判断して
ぜひ代表に!って選手はいらっしゃらないのでしょうか?

ま、その前にVの選手は?って話ですが・・・。



まさかそんな若い選手呼んで、話題づくりとかじゃないですよね?
先日のメルマガで本気で王子や姫の登場を熱望してたみたいなので・・・。

だいたい5月に代表候補40名を召集、ってなんで40名も?監督1年目じゃあるまいし・・・。
はう〜〜もう始まる前からわたくし戦意喪失でございます。

今回の件を手放しで喜べてるバレーファンっているのかなぁ。
私の考えがおかしいのかぁ?





気持ち切り替えて、同じ「中学生」の話題でこうも違うもんかと思うんですが、
ここでカムアウト。

先日の連休の間にフィギュアの大会の映像を観てまして発見しました、
羽生結弦(はにゅうゆづる)選手。

先月のお誕生日で14歳になったばっかですが、聞けば全日本ジュニアの大会で優勝し、
来月には世界ジュニアに日本代表として参戦だとか。

羽生選手は女子並みの体の柔らかさで、
ビールマンスピン(片脚を後ろから頭上に伸ばし、手で伸ばした脚を保持した状態での回転)や、
あのイナバウワーをさらっとやってのけるのですよ。
男子でそんなのやってるの見たこと無かったんで、なにこのこ男の子だよね!?
と一瞬で釘付けです。

14歳にして表現力もあるし、何よりすらりと伸びた長い手足がとっても優雅。
まだ身長も伸びてる途中だと思うけど、バレーと違ってあまり上背があっても
安定感がなくなるんじゃないかと心配だったりして。


もし興味ありましたらこちらとかこちらとか(共にYoutube)ご覧になってみてください。
お顔は・・・私が一発で気に入ったのだから想像はつくと思います(*^m^*)



奇しくも中学生の話題でこんなに自分の気持ちの持ちようが違うもんかと驚いております。

ま、フィギュアは個人技ですしより選手生命の短い競技ですから
若い世代で世界を経験するに越したことはないと思うのです。



バレーの場合、シニアの強化を見てきても中学生なんかをいきなり代表に放り込めば
体壊すのが関の山じゃないかと素人なりに懸念するのです。
そんなこと考えるのは大きなお世話ですけどね。
posted by ミ ホ at 19:41| Comment(6) | yuzu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。