コミック I Say A Little Prayer

2010年07月20日

すべてはそのために。

眠い目をこすって深夜の時刻を待つのも
4時間座りっぱなしで移動するのも
すべては大切な場面を逃したくないから。


私が出来る事はそんなことしかないけれど、


たったこれだけでも、満足なのです。


posted by ミ ホ at 20:00| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。